永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛はレーザーを利用して行うこともあり、皮膚ガンや病気などの副作用を心配する人もいますが基本的に問題はありません。医療向けのレーザーには赤外線が使われているため、ガンなどが発生する作用がないからです。肌トラブルなどの副作用は起こりにくいように工夫されていますし、日本医学脱毛協会がしっかりと管理をしているため安全性も高くなっています。
エステ脱毛よりも安心できて、アフターケアなども行える医療脱毛は多くの女性に使われているのです。

永久脱毛による副作用

永久脱毛をするにあたって気になるのが、副作用はあるのかどうかということです。
レーザーを直接皮膚に当てるので、皮膚への影響を心配する人もいるでしょう。
むだ毛がなくなっても副作用があっては台無しです。
結論からいうと永久脱毛をすることによる副作用は基本的にはないと考えていいです。
ただし、人によっては施術によって赤みがでたり、火傷のような炎症がでたり、毛膿炎というニキビのようなできものができることもあります。
ただ、これはレーザーで毛穴のバリア機能が一時的に弱まっていることが原因なので、1~2週間ほどでじょじょにこれらの症状は治っていくことがほとんどです。
もし、なかなか治らないという場合にはクリニックのドクターに相談するようにしましょう。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛でワキ汗が増えるという口コミを目にして不安になる方もいますが、これは勘違いです。今までは毛に水分が乗って汗を感じなかった場合に、脱毛をしたことでワキがつるつるになり汗を感じやすくなったというのが真実です。基本的に汗腺と毛穴は別の組織なので、脱毛の副作用によってワキガになったりということはありません。逆に毛穴に汚れがたまっていたことでキツイ匂いを発していた場合は、永久脱毛により毛穴が退縮したことで匂いが落ち着く可能性もあります。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛が気にはなっていても、肌トラブルが起きることを心配する方は多いです。永久脱毛は一般的にはレーザーの熱で毛穴の内側にある毛根を焼くという処置になるので、敏感肌やアトピー肌の方はレーザーの照射後に赤みや痒みが出たりすることがあります。医療資格を持ったプロが施術を管理しているため、火傷になることはめったにありませんが起こりうる副作用やそれに対する処置についてはカウンセリングで詳しく説明してくれるクリニックやサロンがほとんどです。熱を用いることから特に施術期間中は肌が乾燥しやすくなるため、家では念入りに保湿をすることも必要です。特に医療レーザーのような強力な光線を用いる場合は、日焼けや当日の長風呂なども極力控えることも推奨されています。

永久脱毛 福岡 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です